サンスタートニック・スカルプクリアの“異様な刺激”はまさに“男限定”シャンプーかも!?

昔ながらのトニックシャンプー、サンスタースカルプクリアで洗ってみました!

【画像1】
トニックシャンプーといえば男性のイメージが強いのですが、サンスタースカルプクリアは、まさに男性限定といって良いくらい強烈な刺激のシャンプーでした。

古い歴史があって今も支持されているシャンプーは、やはり何か特筆すべき特徴がありますね。こちらのシャンプーの成分や使用感などを詳しくお伝えしたいと思います。

■昔に使ったトニックシャンプーの懐かしい感覚

【画像2】
サンスタートニックシャンプーは幼い頃に使ったことがあり、とても爽快感がある独特なシャンプーという印象があり、当時の他のシャンプーにはなかった特別な感じを体感していました。

1968年に誕生ということで、市販シャンプーとしてはとてつもない歴史がありますが、現在もそれを引き継いでいるのは素晴らしいことだと思います。
実際にこれで洗ってみると当時の懐かしい感覚を思い出し、あの頃とまったく同じような“異様な刺激”を感じることができます。

“異様な刺激”の正体はいったい何なのか、このサンスタートニックシャンプーの秘密を探ってみたくなりました。

 

■トニックシャンプーが一貫していること

【画像3】
私が使ったという30年前のトニックシャンプーといえば、このサンスターくらいしかなかったと思います。現在ではいろんなメーカーのトニックシャンプーがありますね。

おそらくこの商品価格での同等クラスでは、以前に記事にしたサクセス薬用シャンプー辺りが比較の対象になると思います。

ただサクセスはトニックシャンプーというよりも、薬用シャンプーという位置づけになります。そちらは殺菌成分のピロクトンオラミンの配合などがあり、爽快感がある一方で殺菌力の強さから、下手をすると頭皮に悪影響が見られることがあります。

そういったところで私はサクセスをあまり評価しませんでしたが、今回のサンスタースカルプクリアは殺菌成分の配合もありませんので、ごく純粋なトニックシャンプーだといえるでしょう。

無駄な成分の配合を減らし、トニック効果という爽快感だけを演出するシャンプーですね。その辺りはコンセプトに一貫性があって好感度が高いです。

■サンスタートニック・スカルプクリア全成分

【画像4】
水、ラウレス硫酸Na、メントール、コカミドDEA、ショウガ根エキス、ポリグリセリル-4ラウリルエーテル、コカミドプロピルペタイン、褐藻エキス、PCA亜鉛、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ピリドキシンHCI、PG、塩化Na、クエン酸、エタノール、EDTA-2Na、安息香酸Na、メチルパラベン、香料

殺菌の有効成分は含まれていません。洗浄成分は非常に強いといわれている「ラウレス硫酸Na」が使われています。これはもはやトニックシャンプーの伝統といえるような洗浄成分ですね。

アミノ酸系やベタイン系などの優しい洗浄成分ではトニックシャンプーとして成り立たないのです。ですからこのシャンプーにいたっては、ラウレス硫酸Na(石油系)使用は間違いではないということになるのです。

そして次に驚いたのがメントールの高配合。成分表の3番目にあるということは、かなり多くのメントールを含ませていることになりますが、普通のシャンプーでは有り得ないことです。

それから昔ながらの特徴として、やはりショウガ根エキスの存在は欠かせません。メントールの配合だけではありきたりな爽快感となりますが、このショウガ根エキスを加えることで、あの“異様な刺激”の演出が可能になるのです。

頭皮が冷たくなりつつも熱くなるような不思議な感覚は、メントールとショウガ根エキスの配合バランスがうまくできているからだと思われます。

あと、今回のサンスタースカルプクリアには「PCA亜鉛」というものが使われています。
これはアミノ酸系頭皮コンディショニング成分となっており、頭皮環境を健やかに保つ目的として使われています。殺菌成分を使わない代わりにこれを配合しているような感じでしょうか。

殺菌成分を配合するとかなり刺激が強くなると思うので、バランス的には「PCA亜鉛」の配合は、ちょうど良いのかもしれませんね。

■洗ってみました!

【画像5】
成分だけを見ると、決して頭皮を労わるような配合ではありません。ですが、細かいことはあまり気にせず洗髪してみたいと思います。
今回購入したのは、ずっしりと重い内容量520mlのボトルタイプ。

 

【画像6】
半透明のグリーンが際立つボトルデザインには、特にお洒落といった印象はありません。
「古き良き時代のトニックシャンプー」という感じで、個人的には懐かしささえ覚えます。

 

【画像7】
シャンプー液はさらっとした感じのテクスチャーです。これまでレビューしたシャンプーはドロっとしたものが多かったので、ある意味新鮮です。

ちなみにサクセスシャンプーと比較してみると、サクセスシャンプーの方がもっとサラサラです。

 

【画像8】
こういったトニック系のシャンプーは保湿成分などがあまり使われず、さらに粘り気のない洗浄成分(ラウレス硫酸Na)使用のため、粘度が少なくさらっとするのが特徴ですね。

ラウレス硫酸Naの特性により、泡立ちもとても良いです。

 

【画像9】
洗浄力もかなり強い感じで、1度目のシャンプーからかなり皮脂汚れが落ちている感じがしました。脱脂力は半端ないです。

このシャンプーで2度洗いすると、既に髪は軋みまくっているので非常に洗いにくい。石鹸シャンプーのように髪がアルカリでキシキシになったような感覚ですね。

でも今回に限っては、それが好印象でとても気持ち良いと感じました。
それは前述の通り、このシャンプー特有の“異様な刺激”が効いていたからです。

これには、まず香りの効果があります。昔ながらの香ばしい香りは今回も健在でした。
この香りは例えにくいのですが、個人的には柑橘系とジンジャーを混ぜたような、甘くもありスパイシーで不思議な香りだと認識しています。

さらに殺菌成分を使っていないので、純粋なメントール&ショウガエキスによる爽快感。この香りと爽快感という2つの演出によって、“異様な刺激”を生み出している感じです。

この香りと爽快感は、洗っている最中にヒーリング効果としても効いてきますが、先ほどから比較しているサクセスシャンプーにはない感覚です。

サンスタートニックシャンプーのみに見られるオリジナリティともいえるでしょう。
殺菌成分の刺激による変な違和感もないので、とにかく気持ち良さを感じることができました。

■純粋に爽快感を味わうべき!

【画像10】
洗い上がりの髪の状態については多く期待を求めることはできません。ドライヤーで乾かすと非常にパサついて、ごわつきがひどいからです。

髪の長い女性が使用するととんでもないことになり、リンスやトリートメントが必要になると思いますが、そういった人にはこのシャンプーは向いていません。

 

【画像11】
そもそもトニックシャンプーというのは、爽快感を演出するためのシャンプーなので、それを楽しみたい人が使うべきだと思うのです。
ですから、男性限定のシャンプーと考えた方が良いですね。

脱脂力が強いので、皮脂分泌が多い男性に特に良いと思います。
逆に私のように皮脂量が少ない乾燥肌の人が使うと、髪も頭皮もパサパサになる感じです。

 

【画像12】
爽やかでスパイシーな香り、目にしみる位のすっきり感、まさに男のシャンプーといえますね。髪がバサバサになりますが、このシャンプーを使う上ではそこを気にしてはいけません。

男性のスカルプケアとして、よく頭皮の皮脂除去がテーマとされていますが、その点においてこの商品は市販シャンプーの中でトップクラスにあると思います。

皮脂が多くて悩んでいる人は、一度お試しになると良いかもしれません。

スカルプシャンプー 関連口コミ

スカルプDボーテの体験談「髪の毛がふわっとした」

スカルプD ボーテ38歳(女性)・パート勤務の体験談をご紹介します。 問1. 薄毛のレベル 前髪からつむじにかけて、ペタンとなっています。 問2. 何歳くらいか…

コラージュフルフルスカルプシャンプーの体験談「すっきりした頭皮に改善」

コラージュフルフルスカルプシャンプー41歳(男性)・会社員の体験談をご紹介します。 問1. 薄毛のレベル 額の後退を中心に全体的に毛量が少なくなっています。 問…

サクセス薬用シャンプーの評判「肩のフケが目立なくなりました」

サクセス薬用シャンプーの38歳(男性)・自営業の評判を紹介します。 問1薄毛のレベル 朝起きたときの枕に抜け毛が目立つ。つむじ辺りが薄くなってきたように感じます…

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
LUXEシャンプー2

サイト更新者のメッセージ

男性・女性用のスカルプシャンプーやトニックなどを使って体当たりレビュー! シャンプー選びって迷いませんか?薄毛を改善したい、頭皮環境を整えたい、そんな悩みを持った方々にどれがおすすめか紹介します。また成分についても、それぞれにどんな効果を期待できるか解説しています。あなたにピッタリの頭皮ケアを始めませんか?

スカルプシャンプーランキング
PAGE TOP ↑